Q_ヘアカラーって何色あるの?

Q_ 美容室で見るカラーチャート…

微妙な色の違いがたくさんあって、いつも驚きます…

一体何色くらいあるんですか?

53052_00010_046_c

A_日本で使用が認められている、酸化染料の有効成分は54種類

これらを組み合わせてヘアカラーは作られるので、配合の違いで何色もの色が生まれるんです…

なので、ヘアカラーの色数は絵の具と同じく、限りなくあると言えるのではないでしょうか…

ヘアカラーの染料は1剤にのみ入っていて、

[直接染料][中間体][カプラー]

という3つのタイプに分けることができます…

[直接染料]は、そのままで色味がわかります…

黄色・橙・赤など鮮やかな色を表現するために必要な染料で、

小さい染料粒子そのままで色を出す染料…

ウォーム系に多く含まれる染料です…

[中間体]は、主にブラウンの色を作っている染料です…

髪の中へ入り、2剤の過酸化水素で酸化され、染料同士がつながって大きくなると、

色として発色します…

クール系、ナチュラル系に多く含まれる染料です…

[カプラー]は、中間体とくっついて多彩な色を出します…

配合具合で色のモチや色の残り方に違いが出ます…

2剤の過酸化水素で酸化されて大きくなりますが、

そのものだけでは色味はありません…

カプラーの違いで様々な色素が作られます…

クール系、ナチュラル系に多く含まれる染料です…

[直接染料][中間体][カプラー]

この3種類の染料をたくみに組み合わせて、色はできています…

ヘアカラーは意外と複雑なんですね…

カラーだけでのご来店も大歓迎です

是非一度、体感してみてください…

ご来店、お待ちしております…

【KORD_COLORLIST】

ORITA_MIZUKI

 

Q_ヘアカラーって何色あるの?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中