髪のダメージレベル

髪のダメージはいろいろな刺激によって知らないうちに進みます

見た目や手ざわりなど、またどんなヘアスタイルをしてきたかなどで

髪の状態をみます

ヘアスタイルづくりは、今の髪の状態をきちんと診断することから始まります

 

01-300x256

【美容師からみた髪の状態】

・トリートメントなしでもオイル分を感じる

・毛束をループ(輪)にしても弾力性が高く、すぐ元に戻る

【履歴】

・ノンカラー

・ノンパーマ

【感覚】

・全体にツヤがある

・くし通りがスムーズ

02-300x258

【美容師からみた髪の状態】

・根元から毛先へ均一な光沢感がない

・部分的にオイル分が不足

・ループを作るとゆっくり元に戻る

【履歴】

・6〜7レベルのカラーをしている

【感覚】

・少し傷みを感じる

・ツヤがなくなってきた

03-300x256

【美容師からみた髪の状態】

・中間から毛先にかけて光沢が失われている

・ループを作ると戻りにくい

【履歴】

・8〜9レベルのカラーをしている

・パーマをかけている

【感覚】

・乾燥してパサつく

・毛先がからみやすい

04-300x258

【美容師からみた髪の状態】

・髪の2/3は光沢感がない

・ループが広がりながらも形をとどめる

・パーマ剤の種類を変える必要がある

【履歴】

・8〜9レベルのカラーをくり返ししている

・2〜3ヶ月に1回、パーマあるいはストレートパーマをしている

【感覚】

・毛先がからむ

・離れて見てもダメージを感じる

05-300x259

【美容師からみた髪の状態】

・ざらざら感じるほどにかたい

・ひねると自在に動き、ループの形状をとどめる

・キューティクルがほぼ1枚の状態

・パーマがかかりにくい

【履歴】

・10レベル以上のカラーとパーマもしくは10〜12レベルのカラーを

2〜3ヶ月に1回繰り返している

【感覚】

・髪がパシパシした感じ

・指が通りにくい

・切れ毛がおきる

・クリーム、ミルク等をつけても乾燥する

06-300x257.jpg

【美容師からみた髪の状態】

・人形のナイロン毛のようにかたい

・オイル分がなく、全体的に透明感がある

・濡れるとペタペタし、引っ張ると伸びる

・作った大きさのままループが残り、結び目ができる

・思った通りのカラーやパーマができない

【履歴】

・12レベル〜ペールイエロー毛になっている

・カラーとパーマを年に3回以上繰り返している

【感覚】

・切れ毛がおきる

・水に濡らすと溶けるような感覚になる

・ドライすると乾きすぎの状態になる

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中